月別アーカイブ: 2015年7月

もうすぐおとずれる夏休みが怖い

今年も毎年親には恐怖の夏休みがやってきます。
確かに学校の用意とかがないぶん楽な事もありますが、でも毎食の食事の用意が大変です。
毎日毎日、作っても作ってもご飯何?という言葉が連呼されます。

そして宿題も毎日毎日ややりなさいとがみがみ言わないとやってはくれない。
本当は勝手にやらないで怒られるのは子供だから別に良いとは思いますが、今の時代は宿題のまるつけは保護者の仕事になっています。
と言う事は子供の宿題の責任は親にあります。

がみがみ言わないと仕方がありません。
後ママが一番困るのは夏休みの作品です。
これは想像力がある子は良いですが、わが子はこの宿題が一番嫌だと言って自分からは手をつけません。

仕方がないので親が考えて子供に考えた中から選ばせて一緒に作ります。
毎日やらないと終わらない鍵盤ハーモニカや計算カードなどは親が見守って一緒に感想がいるので結局は子供が宿題をしている間は親も付き合わないと終わりません。
こんな事していたら半日は毎日子供の宿題で終わってしまいます。

皆親は同じだと分かっていても夏休みは本当に苦痛です。
絵日記のためにどこかへ連れて行かないといけないというプレッシャーもあります。
夏休みも毎日学校へ行ってもらいたいと言うのが本音です。