初めてのカンパンの感想とか

46歳になりましたが、初めて、カンパンを食べました。
勤めている会社で、備蓄しているカンパンが、賞味期限が迫ってきたため、社員に無料配布しますとの放送がありました。
その後、忘れていたのですが、たまたま夕方に通路を通ったところ、あるわ、あるわ、カンパンの山。
そりゃそうです、社員の人数より多いわけですから。
ともかく、一人3個までと言ってたと思うので、3個頂きました。
その後、自分のデスクに戻って、周りにの同僚に食べたことあるか、聞きました。
半分くらいが食べたとのこと。
子供の時とか、最近とか、まちまちです。
ただ、田舎出身の私は小さなころ、カンパンなんか売ってなかったし、今の我が家は、災害対策してないし、食べるチャンスがなかったです。
ともかく、食べました。
缶の蓋を開けます。
パン食べるのに菅の蓋をあけるのって、少しへんな気がします。
開けてみると、小さなビスケットのようなものが、いっぱい。
食べてみると、サクサク感というより、硬いか。
味はやや薄め。
もう少し、甘いか、辛いかしてもいいのでは。
それより、パサパサ感のが、はんぱない。
もう少し試してみようと、もう一つ、食べてみる。
まあまあかな。
その後も、またひとつ、またひとつと食べる。
そう、非常食なんです、これ以上、味を期待してはいけない。
そう思いながら、半分くらい食べてしまいました。
そして、カンに書かれている説明を見てビックリ、カロリー高、食べ過ぎた。